ラン♪ノン♪

大島ドッグトレーニングスクール

ラン(左・横浜市O様ご愛犬)とノン(右・ODTS所有犬)

4月23日生まれのふたごのゴールデンです。(^^)

火曜日はケーキをプレゼントしていただきお誕生会♪

大島ドッグトレーニングスクール

長時間の撮影に疲れたのか同時に大きなあくび!!

大島ドッグトレーニングスクール

タイミングもふたごちゃんです。(^^)

こんなこと・・してます。

年に1~2回救助犬試験審査員として海外に派遣されるのですが、今年はオランダに行ってきました。

3月30・31日の2日間、受験頭数54頭。派遣された3人の審査員がそれぞれの部門を担当して審査を行います。私の担当は服従部門。

大島ドッグトレーニングスクール

ヨーロッパでは珍しいことでないのですが、サッカー場が1~2面入るほど広さの「犬のクラブハウス」で服従審査は行われました。

ちなみに下の写真は瓦礫審査の会場。

フェンス工場の取り壊し現場を使用しています。こういうリアルな現場を見つけることが年々難しくなっているそうです。(どこも事情は同じです・・。)

大島ドッグトレーニングスクール

日本と違うところのひとつ。

音響テストに使うピストルは日本の場合陸上競技用のピストルですが、ヨーロッパでは本物の6~9ミリ口径の拳銃を使い、音響用の火薬を込めます。

本物は結構重い!!

大島ドッグトレーニングスクール

また受験する犬たちも日本ではお見かけしないタイプたちがいます。(^^)

大島ドッグトレーニングスクール
ものすごくパワフルなブービエ・デ・フランダースの「ジョー君」

指導手のアンナさんが振り回されていました(^^;)

大島ドッグトレーニングスクール
これまた可愛いおっさん顔の「ノートン君」

ハンガリーからの受験です。ものすごーくマッチョな身体の持ち主(^^)

大島ドッグトレーニングスクール

表彰台にのっているのは瓦礫A優勝のブル・テリア。

服従も素晴らしかったです。(^^)

時差にも負けず、

サマータイムにも負けず、

氷点下の寒さにも負けず、

油っこい料理にも負けず、(美味しいワインとビールはそのまま頂き)、

必死に片言の英語を駆使して語りかけた受験者には「ごめんなさい、私ドイツ語わからないの。英語しか理解出来ないの。」と言われ、心が折れそうになっても負けず、

・・・・ワクワクさせてくれる世界中の救助犬に会うために、また「審査員頑張ろう!!」と思いながら

日本に帰ってくるのです。

大島ドッグトレーニングスクール

訓練競技会風景

大島ドッグトレーニングスクール

大島ドッグトレーニングスクール

大島ドッグトレーニングスクール

3月24日日曜日、平塚総合スポーツ広場での「JKC東京ブロック訓練競技会」

2組のオーナーさん出場を含め、6頭の犬たちが出場。

好成績も残してくれました。

好成績も嬉しいことですが、

それぞれの犬が自信を持ってかつ楽しそうに作業を行う姿を見れることはより幸せなことです。(^^)

お疲れさまでした。

春の合宿

大島ドッグトレーニングスクール

今年で3回目の専門学生たちの救助犬育成の「春合宿」 

ODTS長野施設で行われました。

日頃、渋谷で生活している都会っ子の犬たちを長野の自然の中で体力、気力ともに鍛えて、捜索の練習を2日間かけて行います。

さすがに3回目にとなると人も犬も逞しくなりました。(^^)

これまた恒例は、合宿終了後、学校へもどりその日のうちの「シャンプータイム」です。

長野で黒ずんだトイプードルたちは次の日にはまた元通りの真っ白な都会のプードルです。

しかし瓦礫を乗り越えたり、広ーい草原や山の中を走り回った訓練はちゃんと人にも犬たちにも残るものだなぁと実感した2日間でした。(^^)

3・11をむかえて。

2度目の3月11日午後2時46分をむかえました。

あかねと一緒に宮城の瓦礫の中を歩き回ったのはつい昨日のことのようです。

「母親が・・、」「義姉さんが・・、」「孫が・・、」ご遺族のそんな言葉を聞きながら、

津波で流され、瓦礫になつた宅地を歩きながら、救助犬が足りない・・・・と感じていました。

しかしこの2年、救助専門機関の方々のご理解ご支援は深まってきたと感じています。

まだまだ救助犬の数も指導手の数も足りていない状態ではありますが、

まず「自分に出来ること」を続けていこうと思います。

被災されました方々にご冥福とともに復興をお祈りいたします。

はっぴぃぃぃいばぁすでぃい♪

大島ドッグトレーニングスクール

2月は横浜消防センターにおいて2度ほど消防隊員の方々と帯同訓練を行いました。

大島ドッグトレーニングスクール

CSRという崩れてしまって人がまともに入れないような狭い場所を想定した救出訓練です。

大島ドッグトレーニングスクール
私たち救助犬隊にとっても帯同するうえで大変勉強になりました。

最後にお礼を述べさせて頂く機会も頂きました。(^^)

大島ドッグトレーニングスクール
たまたまこの日は私のお誕生日♪

サプライズで消防の方々がケーキを用意して頂き、

男気のある(^^;)「はっぴい~ばあすでぃ」を合唱してくださいました。
大島ドッグトレーニングスクール
本当にうれしい出来事でした。(^0^)

熱意あふれる横浜消防の安西さんはじめ関係各位の皆様がた

ありがとうございました。

これからも災害救助犬活動、頑張ります。

今後ともよろしくお願い致します。

移転のお知らせ

2月1日より大島ドッグトレーニングスクールは、

旧住所「横浜市瀬谷区宮沢」より、完全に移転しました。

〒245-0018

 横浜市泉区上飯田町3896

 TEL&FAX  045-443-7987(旧番号はクローズしました。)

 e-mail dog@odts.jp

odts@docomo.ne.jp

上記連絡先をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

講話

大島ドッグトレーニングスクール

1月22火曜日、相模原署において署員講話として「災害救助犬活動を通して」というお題でお話をさせて頂きました。

大島ドッグトレーニングスクール

今年私の「バディ」として活躍してくれるであろうシェパードのタロウも一緒に話を聞かせました(^^;)

思い出されるのは・・東日本大震災でご自分たちも被災者でありながら、黙々と救援活動をされた地元警察の方々です。

その活動も含め、地域の防犯などひとつひとつの地道な活動が私たちの安心した生活に繋がっている感じその感謝を意を込めてお話しました。

ありがとうございました・・。

湘南にドッグランをつくる会主催「第13回犬のしつけ教室」

大島ドッグトレーニングスクール

2013年の初のイベントは湘南にドッグランをつくる会主催の「犬のしつけ教室」。

今回はヤシの木が目印の片瀬海岸漁港で行われました。

大島ドッグトレーニングスクール

ワンコインで参加できる「しつけ教室」です。(^^)

2時間で訓練実演や実技、参加賞ありの全員参加型のゲームなど

楽しく犬のしつけにチャレンジして頂きました。(^0^)

大島ドッグトレーニングスクール

お天気も良く、約50頭ちかいワンコが参加しました。

次回14回目のしつけ教室は、5月藤沢市大庭のドッグラン内で行われる予定です。

「湘南にドッグランをつくる会」の皆様、本当にお疲れさまでした。